知っておきたい自己破産の知識

Money Japan

司法統計からみた自己破産件数の推移

2000年に入ってからの自己破産の件数の推移を見ていきましょう。

裁判所への破産申立件数の推移
年度 自己破産件数
平成12年 (2000年) 145,858件
平成13年 (2001年) 168,811件
平成14年 (2002年) 224,467件
平成15年 (2003年) 251,800件
平成16年 (2004年) 220,261件
平成17年 (2005年) 193,179件
平成18年 (2006年) 174,861件
平成19年 (2007年) 157,889件
平成20年 (2008年) 140,941件
平成21年 (2009年) 137,957件
平成22年 (2010年) 131,370件
平成23年 (2011年) 110,451件
平成24年 (2012年) 92,555件
平成25年 (2013年) 81,136件
平成26年 (2014年) 73,370件
平成27年 (2015年) 71,533件
平成28年 (2016年) 71,838件

自己破産の件数は平成15年をピークに減少傾向にありますが、それでも年間7万件、一日当たり約200人の人が自己破産の申し立てをしていたことになります。

減少を続けていた件数も平成28年には300件ですが、増加に転じました。
ちょうど10年前の2007年は大手の貸金業者がグレーゾーン金利での貸付をやめ利息制限法の上限利率に合わせた時期でもあります。それ以降のに借金をした人は引き直し計算を利用しての債務整理や過払い請求ができなくなっていますし、それ以前に完済している人は時効によって過払い請求ができなくなっています。

そうした事情を考えると、平成28年以降は再び自己破産の申立件数は増加していくことになりそうです。