ブラックリスト完全ガイド

Money Japan

ブラックリストのデメリットは、ただ一つ

そうなると大変なデメリットがあるように考える人もいるので、このページではブラックリストのデメリットについてまとめていきたいと思います。

ブラックリストに関する誤解
  • 戸籍が汚れる、住民票に記載される
  • マンション、アパートを追い出される
  • 会社をクビになる、就職で不利になる
  • ご近所さんなど、他人に知られてしまう
  • 結婚できなくなる
  • 子供の進学に影響がある

アレコレと悩んでしまう人も多いのですが、上の事例は誤解でしかありません。

ブラックリストに載ったとしても、

  • 戸籍は汚れませんし、住民票にも記載されません。
  • すんでいるところを追い出されることもありません。
  • 会社をクビになったり、就職に影響することはありません。
  • そもそも他人に知られることもありません。

これらは全て間違った情報なのです。
ブラックリストに載ることでのデメリットは、一つ。

しばらくの間、新たにお金を借りることができなくなる

具体的には、

  • 持っているクレジットカードが使えなくなる
    (※強制解約ということも)
  • キャッシング・カードローンは返済しかできなくなる
    (※強制解約ということも)
  • 新規でクレジットカード、キャッシング・カードローンの申込みをしても審査に通らない。
  • 車を購入する時のローンも組めない
  • 住宅ローンなんて夢のまた夢

という状況になります。

しばらくの間・・・とは、ブラックリストに載ることになった原因によって、登録される期間が異なります。

こちらも併せてチェック!

お金を借りることができなくなるというのは、ブラックリストにのることのたった一つのデメリットですけど、とても大きなデメリットでもあるということを知っておいてください。

債務整理を仕事にしている弁護士や司法書士の先生方は、お金を借りる事ができなくなることについて

  • 借金生活から離れられるチャンス
  • 多重債務で苦しんでるのに、まだ借りる気ですか?

みたいなことをホームページで書いてますけど、キャッシングはともかくクレジットカードも持てない、ローンも組めないというのは、高い給料を稼いでいる弁護士さんと違って、一般の人にとっては、普通に生活していく上で、すごく不便だと思います。