ブラックリスト完全ガイド

Money Japan

ブラックリストの実態を分かる!信用情報と異動・事故情報の基礎知識

代替テキストのテスト

借金地獄に陥ってる人でなくても、自己破産や任意整理などの債務整理をしていなくても、誰もが「ブラックリスト」という言葉を知っています。

マイナスイメージの代表格ともいえるものですが、その実態を知っている人は少ないのではないでしょうか。

  • 一体どういったものなのか?
  • デメリットについての解説
  • 載らないための予防策
  • 載ってしまったらどうするか
  • 登録される期間、解除されるまでの期間は?

など、みんなが知りたいことや自分がどのように評価されているのか、どのような点に気をつけたら良いのか徹底的に解説しています。

正しい知識をつけて自分の信用情報を守っていきましょう!

信用情報に事故情報(異動情報)が加わると・・・

でも、みんなそう言ってるよね?存在しないってどういうこと?ブラック扱いされるから登録されるからクレジットカードやカードローンの審査に落ちるんじゃないの!?

クレジットカードやカードローンの審査落ちする原因にあげられますが、そのような「リスト(名簿)」が実在しているわけではありません

その実態をここで説明していきたいと思います。

まず、お金を借りた人は必ず「信用情報機関」というところに、その人の信用情報(顧客の経済カルテ)が登録される仕組みになっています。
借入先が銀行のカードローンでも、アコムやプロミスといったキャッシング会社でも登録されますし、クレジットカードを持っても同じです。

そして、この記録は信用情報機関を通じて、お金を貸す側で共有されています。

借りたお金やクレジットカードの利用代金の返済が期日通りに支払えているうちは問題ありませんが、

  • 給料が減った
  • 急な出費があった
  • ついうっかり・・・

など、いろいろな理由で返済できなくなる人がいますよね。 中には返済を諦めて債務整理をして楽に・・・なんていう人もいますよね。

こうなった時に、キャッシング会社やクレジットカード会社は信用情報機関に、きちんと返済されていない事実を情報として追加登録します。 この情報を異動(事故)情報と言い信用情報機関を通して加盟員であるクレジットカードやキャッシング会社で共有できるようになっているのです。

「貸した金を返すんだ!」 「無理っす!返せません」

約束通り返済が行われなくなった時に、キャッシング会社やカードローン会社、クレジットカード会社は信用情報機関に『きちんと返済されていない事実』を情報として追加登録します。
この情報を異動(事故)情報と言い信用情報機関を通して加盟員であるクレジットカード会社やキャッシング会社で共有できるようになっているのです。

これがブラックになったという状態です。

個人の信用情報に事故情報が加わると、大きなマイナス評価となってしまいます。

実際に名簿のようなものがある訳ではなく、自分の信用情報に異動情報が登録されている状態のことを指しているのです。

お金を貸す側としては、ちゃんと返済するかどうか分からない人にお金を貸したくもないし、クレジットカードなんて与えたくなんかありません。 だから異動情報が登録された人(ブラックの人)にはお金を貸さなくなる訳です。

ギリギリのところで助かるために・・・

このサイトでは、ブラックリストの実態や、どうすれば登録されずに済むのか、消えるまでの期間や登録されたときの影響、自分がブラックなのかを確認する方法など分かりやすく解説してます。

住宅ローンを組む前の自分の信用情報の確認をしたい人から、借金返済が自転車操業状態の苦しい人まで、役立つ情報がきっとあるので隅々まで読んでみてください。