過払い金を取り戻そう!

Money Japan

準備書面について

主張すべき内容は、各自異なると思いますので、状況や相手方の答弁書に合わせて作成するようにして下さい。

以下の点をご自身の状況にあわせて適宜修正を加えてください。

  • 訴状での主張の補充
  • 相手方答弁書への反論

ちなみに訴状と異なり、印紙は必要ありません。
提出期限を定められるときがあるので、期日を守りましょう。

管理人の場合は、「次回口頭弁論の時まで。」と言われたので、
当日の朝、裁判所に提出してましたけど。。。

必要となるのは裁判所用と相手方用の2部ですが自分の控えとしても1部作っておきましょう。

ほとんどの方が第二回口頭弁論前に和解になることが多いと思うので、この書面を作成することもないかとは思います。

準備書面のテンプレート

平成○○年(ワ)第○○○○号不当利得返還請求事件
原告 ○○○ ○○
被告 株式会社○○○○

準備書面

平成○○年○○月○○日
原告 ○○○ ○○ 印

○○○○裁判所○○係 御中

第一 被告の答弁書中、「△△△△△△△△」に対する反論
ここに反論の内容を書き込みます。ここに反論の内容を書き込みます。ここに反論の内容を書き込みます。ここに反論の内容を書き込みます。ここに反論の内容を書き込みます。ここに反論の内容を書き込みます。ここに反論の内容を書き込みます。ここに反論の内容を書き込みます。ここに反論の内容を書き込みます。
第二 被告の答弁書中、「□□□□□□□□」に対する反論
ここに反論の内容を書き込みます。ここに反論の内容を書き込みます。ここに反論の内容を書き込みます。ここに反論の内容を書き込みます。ここに反論の内容を書き込みます。

以上