引き直し計算で借金の再計算

Money Japan

過払い請求 / 債務整理に役立つ引き直し計算を徹底解説!

いつまでたっても減らない借金。
それは貸金業者が法律で定められた上限金利を超えて利息を取っていたからです。

大手貸金業者の以前の貸付金利
会社名 当時の金利
アコム 27.375%
アイフル 28.835%
三洋信販 29.0%
武富士 27.375%
プロミス 25.55%
レイク 29.2%

高い金利と分かっていてお金を借りたのだから、キャッシング会社が決めた利息を支払うのは仕方がない・・・そう考える人がほとんどではないでしょうか。

しかしお金を貸して利息を受け取るキャッシング会社やクレジットカード会社も守らなければならない法律があります。

それが、利息制限法や出資法と呼ばれる法律です。

利息制限法と出資法の上限金利
利息制限法 出資法
元本10万円迄の場合は、20%まで
※超過部分は、無効
元本に拘わらず、金利29.2%まで
元本100万円迄の場合は、18%まで
※超過部分は、無効
元本100万円超の場合は、15%まで
※超過部分は、無効

当時のキャッシング会社の金利と比較すると利息制限法を大幅に超えているのが分かると思います。

引き直し計算とは、今までの取引(借入と返済)を見直して、利息制限法で定められた金利で利息を支払っていたら、借金はどれくらい減っていたのか?ということを確認するための計算です。

中には計算してみたら、過払い(借金が0になるどころか、支払いすぎている状態)になっている人もいます。

だからこそ、引き直し計算をして本当の借金の姿を確認するのです

計算結果を基に借金の減額や支払いすぎた利息(過払い金)を請求できる!

この引き直し計算の良いところは、借金の本当の状況が分かるだけではありません。
最大のメリットは、計算結果を基に特定調停を申し立てて借金の減額交渉ができたり、支払いすぎた利息(過払い金)がある人は、そのお金を貸金業者から取り戻すことができることです。

下の表はいくつかの事例を紹介しています。

借金返済中の人が引き直し計算をした結果
消費者金融名 借金の残債 引き直し計算の結果
アコム 45万円 64万円の過払い
アイフル 80万円 35万円の過払い
オリコ 60万円 4万円の残債

消費者金融からは残債があるからと請求されますが、法的には64万円、35万円の過払い(利息の支払いすぎ)となっている状況です。
また60万円の残債があると請求されていたものも計算の結果、残り4万円を返済すれば借金が完済できる状況だと分かりました。

他の人の事例では、

完済している人が引き直し計算をした結果
消費者金融名 借金の残債 引き直し計算の結果
プロミス 0円(完済済み) 32万円の過払い
クレディセゾン 0円(完済済み) 48万円の過払い

このように完済している人や貸金業者との契約を解約している人でも引き直し計算ができますし、その結果、過払いになっていれば、返還するよう請求することもできます。

借金生活が長い人、借金返済に困っている人、困っていた人は、引き直し計算をして、あなたの借金の本当の額を確認してください。